RIZAP ENGLISH専属トレーナーの英語指導はマンツーマン

トレーナーによる学習管理

RIZAP ENGLISHの指導者は日本人トレーナー

(ライザップイングリッシユの専属トレーナー)

どんな人がトレーナーとして教えているか?

ライザップイングリッシユで英語指導を行う人をトレーナーと呼びます。

トレーナーとして指導しているのは、日本語を母語とする日本人です。(一部講座を除く。)
学齢期までを英語圏で過ごした帰国子女などのバイリンガルは、ライザップイングリッシユのトレーナーとして就業していません。

トレーナーの採用条件

トレーナーの採用には、ライザップイングリッシユの基準とする一定の英語能力を備えていることが必要になり、入社後に1ヶ月にわたる厳しいトレーナー専門研修を積んだ後に業務に当たります。

RIZAP ENGLISHトレーナーの指導スキル

(ライザップイングリッシユの受講生とトレーナー)

どのような能力の人がトレーナーとして指導しているのでしょうか?

採用時の英語能力

(出典 Iibc一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会H.P.)

トレーナーの採用基準はTOEIC L&R TESTスコア800点以上または相応の英語力を保有することであり、採用率は4%です。

トレーナーは、ライザップイングリッシユに採用された後は、
〇1か月間にわたる168時間の新人研修(トレーナー専門研修
〇新人研修終了後の定期研修
を受けます。

採用後の研修内容

(RIZAP ENGLISHの新人専門研修)

トレーナー専門研修では、教育メソッド全般や接客接遇を学びます。

詳細は、
1 RIZAP ENGLISHのメソッドについて10日間の専門研修を受け、トレーナーとしてのマインドや英語力上達ポイントを学ぶ

2.英語脳になるトレーニングを実践し、自らシュクダイをこなす

3.RIZAP ENGLISHメソッドを受講生に伝えるための基本的なコミュニケーション方法や受講生のモチベーションを高める方法を学ぶ

4..RIZAP ENGLISHの店舗で先輩トレーナーの実際のレッスンを観察し、指導スキルを習得する

5.RIZAP ENGLISHトレーナーになるための素養(受講生の結果にコミットするための考え方、スキル、知識)に関する試験を受ける

ここで基準をクリアした場合にライザップイングリッシユのトレーナーに認定されます。

6.トレーナーとして就業後は、
・定期的な研修や会議
・年4回の全トレーナーによる集合研修
・週1回の店舗品質ミーティング
・教育スタッフによるスキルアップ面談
など教育研修を受け、指導スキルを研鑽します。

トレーナーは自身の英語力上達のための学習も行っています。
TOEIC L&R TESTを定期的に受験し、英語力向上のためのブラッシュアップを継続しています。

RIZAP ENGLISHトレーナー前のキャリア

どのようなビジネス経験のある人がトレーナーとして指導しているのでしょうか?

◇トレーナーのYUKI.K氏は、北米留学の経験があり、IT企業を経てライザップイングリッシユに就業しています。
英語を通して世界が広がることを経験したので、受講生の英語力が高まることによって将来の展望が広がるよう願いながら、ライザップイングリッシユで指導しています。

◇トレーナーのHIDEKI.Y氏は、訪日外国人向けの事業に携った経緯があり、英語サークルでの指導経験もありました。業務上外国人から「日本人はもっと英語を話せるようにならなければならない。」と聞いたことが契機となり、ライザップイングリッシユで専門的に教育する道を選択しました。

◇トレーナーのRYO.T氏は、大学で教育学を専攻した後アメリカに留学しましたが、留学時に『第二言語習得論』という分野の学問を修めました。
それがきっかけとなり、専門的に英語を教える立場になりたいと思い、『英語を使って人を幸せにする』というRIZAP ENGLISHのビジョンに共感してトレーナーの仕事を選択しました。

日本人専属トレーナーが指導&サポートするメリットは?

日本語ネイティブの日本人が、英語指導と学習サポートの両方を行うメリットは何でしょうか?

英語非ネイティブとしての実践的英語上達法を伝授

 


(RIZAP ENGLISHの専属トレーナー)

母語を日本語とする人が日本人受講生を指導するメリットは、トレーナー自ら日本語と言語構造の離れた英語という言語の習得に向けて相当量の努力を重ねた経験があることです。

トレーナーは、自ら英語学習で苦労した経験があるので、
・どのような点でつまずき易いか
・どのような点で学習を中断しやすいか
などが分かり、日本人が英語学習で陥りやすいウイークポイントをよく理解できるのです。

たとえば発音に関していえば、日本語の発音は母音と子音をセットにして発声しますが、英語は子音だけを単体で発音することの多い言語です。
日本語の単語は、語尾が子音で終わることはまずないので、英語の発音時に子音で終わる語彙に対しても脳が勝手に母音を追加してしまいます。
一例として、dogの末尾を発音するとき、日本人は[g]でなく[gu]になりがちです。

英語音に慣れない日本人には、子音だけの続く英語の語彙を聞き取るのも発音するのも難しく感じます。さらに英語特有の音の変化(連結・短縮・脱落など)もあります。

そのような学習上の問題を日本人トレーナーが解決します。正しく聞き取り正しく発音するためのエッセンスや英語音の学習法を教授し、英語ネイティブにも理解できる正しい発音ができるように導くのです。

英語ネイティブ講師に習う場合は、日本人が英語学習で感じる苦労を理解してもらうのは難しくなりますが、日本人トレーナーなら日本人の発音の癖や弱点をよく理解しているので、改善法を教えることができるのです。

指導者に直接質問→迅速・効率的アドバイス


RIZAP ENGLISH トレーナーによるフォロー

日本人トレーナーが指導とサポートの両方を行うことによって、外国語としての英語をいかに短期的に上達させることができるかに特化した学習が可能になります。

ライザップイングリッシユでは、英語を教授する専属トレーナーは受講生ごとに固定しています。
同じトレーナーが、週2回のペースでレッスンを行うカリキュラムですので、トレーナーは自分の担当する受講生の英語力を充分把握しています。

専任トレーナーが行うことは、英語教育に留まりません。

具体的には、

学習スタート時の受講生の英語力チェック
受講生の目標に合わせたスケジュール設定
受講生の自己学習の管理
受講生に時間管理の方法を指導
週2回(1回50分)のレッスン
受講生から一日3時間のシュクダイで実践した学習報告を受ける
受講生の目標に向けた学習進捗状況の確認
受講生に対して、学習報告に対するアドバイスを行い、目標達成に向けての応援や鼓舞激励のフィードバックを毎日行う(メールやMessengerを利用)
受講生の学習上の疑問に答え、学習時間確保やモチベーション維持等の相談対応

などを日々行います。
トレーナーはあらゆる方面から受講生をサポートし、英語力上昇に貢献しています。

レッスンで受講生の英語力を把握しているトレーナーが、日々のサポートも並行して行うことにより、現実の英語レベルに適合した直接的なアドバイスが可能となります。

トレーナーと二人三脚で行う学習フロー

(ライザップイングリッシユのテストルーム/自習にも使用可能)

ライザップ・イングリッシユに入会後、最初に行うことは目標に向けた学習準備です。
内容は、
個別カウンセリングで英語力を測定
(英単語、文法、リスニング、英語処理能力、反応速度などから総合的に英語力を診断)
 ↓
英語力測定に基づき、受講生ごとに目的達成に向けた個別カリキュラムの設定
となります。

その後、いよいよ学習の実践に入ります。
日々の学習の流れは次のとおりです。

1.セッション前の自己学習シュクダイ(1日3時間)
前回セッションで提示された内容に基づき自主学習を行う。

毎日、トレーナーに学習内容を報告する。
 ↓双方向/繰り返し
トレーナーからメールやMessengerによってサポートやアドバイスを受ける。

2.セッション当日
セッション前のテスト(30分)
前回セッションで課題とされたシュクダイに関するテストを受ける

レッスン(50分)
セッション前のテストをもとに、理解できたところ・クリアできていない点を確認。
ここで理解不足の箇所を解消し、ティーチングと学習コーチングを織り交ぜながらレッスンを進行します。レッスン内容は、受講生の目標に合わせて随時カスタマイズします。
学習時間の管理についてのアドバイスを行い、時間確保が難しい時は、臨機応変に学習スケジュールを見直すなどして、学習継続と時間管理の方法をアドバイスします。

次回セッションへ続く

コース期間中、上記フローを反復します )

RIZAP ENGLISHはオーダーメイドカリキュラム

(ライザップイングリッシユのレッスンルーム)

ライザップイングリッシユでは受講生一人ひとりの学習目標に応じて、オーダーメイドのカリキュラムを作成します。
そのため学習コースも、
英会話スキルアップコース
TOEIC L&R TESTスキルアップコース
から選択します。

英会話スキルアップコース

・スピーキング1 or 2
・リスニング
・コミュニケーション1 or 2
に分かれているので、あなたの強化したいスキルに特化したプランを選ぶことができます。

TOEIC L&R TESTスキルアップコース


学習回数16回・24回・32回のプランがあるので、目的レベルまでの学習量に応じて選択できます。
※TOEIC L&R TESTスキルアップコースには、厚生労働大臣指定の教育訓練給付金制度に認定された講座があります。

さらに、上記各コースを終了した後に英語学習を継続したい場合は、
4回から64回までのプランのある継続コース
月謝制のライフサポートコース(12か月以上の継続利用の場合)
があります。

RIZAP ENGLISH新宿御苑店

ライザップイングリッシユでは、自由に学習プランを組み合わせることができるので、長期的に英語学習を継続することも可能です。

あなたの目的に合ったコースを自由に選択できるRIZAP ENGLISHはこちら→あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ

トライズ TORAIZ英語マスタープログラム 

非ネイティブの英語でいい! 
継続率91.0%以上 
1年間に1,000時間、本格的に勉強するから1年間で明らかな成果が期待できます。
ひとりで月80時間以上継続するのは難しくても、専属コンサルタントが二人三脚で学習時間を管理してくれるので1日3時間の学習を習慣化できます。
継続できる環境でしっかり学んで英語をマスターするプログラムです。
米国大使館でも採用されている ” Versant English Test "がカリキュラムに含まれているので、あたなたは学習成果を確認しながらステップアップすることができます。
グループレッスン(通学コース)とプライベートレッスン(Graspeakオンラインコース)あり。
※グループレッスン ⇔ プライベートレッスンは振替可能
受講開始後30日までの間は全額返金保証があります。

ライザップイングリッシュ RAIZAP ENGLISH

RIZAP流のPDCAサイクルで、目標レベルを達成したい人はこちら。

日常会話や海外旅行会話レベルを希望する人から、仕事上の意思表示や情報交換に英語を使いたい人、ビジネスで英語圏のネイティブ並みの英語力による議論のできるレベルを目指す人まで、参加者それぞれの目標に応じたプログラムを組んで学習します。
日本語の専属コーチが、あなたを個別に目標達成まで導いてくれます。
初回レッスンから30日間は返金保証があります。

イングリッシュブートキャンプ English Boot Camp

短期集中型プログラムでスピーキング能力を高めたい人はこちら。
2日間、20時間の英会話の国内留学型のメニューです。
英会話の90%は900語の単語で通じるので、たくさん話す経験を積むことが重要です。
そこでイングリッシュブートキャンプは、大量のアウトプットを行うことに特化しています。
モチベーションの高いクラスメートと2日間一緒に過ごし、間違ってもいいからたくさん話すことを繰り返して、英語コミュニケーション能力と英語を話す自信を得てゆきます。
独学では難しいスピーキング練習を2日間20時間で徹底的に実践します。
講師は、厳選採用された指導力抜群のネイティブチーム。
三菱商事部ループの人材育成部門と共同開発されたプログラムです。

トレーナーによる学習管理 トレーナーの教授法 トレーナーの英語能力 マンツーマンサポート マンツーマンレッスン ライザップイングリッシュ 個別カウンセリング 日々のマンツーマンサポート
Good Languageをフォローする
ABCspeakerz

コメント

タイトルとURLをコピーしました