トライズ英語プログラムの評判は?TORAIZメソッドで最短学習

1,000時間集中して学ぶ実践型英会話スクール

トライズメソッドには英話習得の全プログラムがある

結果を出すための総合プログラム

 

トライズのカリキュラムには、英語を話せるようになるために必要なプログラムを全てセットで学べます

具体的には、目的とする英語レベルまでの
◇自己学習のシャドーイング練習スピーキング練習のカリキュラム
◇ネイティブ講師による英会話レッスン(アウトプットレッスン)のカリキュラム
◇コンサルタントによる日々のサポートや定期的なプログレスチェックための面談(またはオンライン相談)
◇学習進捗状況を計測するためのVersant Speaking Test受験
が、丸ごと揃っています。

プログラムを分野別に提供しない理由

もし学習する内容を各別に、
シャドーイング練習コース、スピーキング練習コース、コミュニケーションレッスンコース、コンサルサポート,各種英語試験受験コース、
などと設定し、受講生が任意のコースを選択して学習したら成果はどうでしょうか?

学習者が自分に必要と判断したコースを自由に選ぶ方法は、一見合理的であるかに見えますが、単独コースを組み合わせて学習することによって英語力をどの程度レベルアップできるかは、学習者の能力次第となります。

さらに単独コースを組み合わせて自己学習する場合、
学習目的のための最新の情報収集力
一人で継続的に学習するメンタル維持
自己規律や自己管理を徹底して学習する強靭な意志力
中長期的にスケジュール計画を立てて実行する遂行力
・・・などを備えていることが前提となります。

トライズでは、
受講生が希望するシチュエーションで通用するレベルの英語を話せること」
を、サービス提供の到達点とし、そのために必要となる全ての学習サポートを行います。

単独コースを個別に申し込むシステムの英語スクールに比べると、中長期的には投入時間や経済面で効率的な学習を行えます。

トライズメソッドの理論

(語学研究所の特別研究員 新崎先生)
(東京外国語大学や青山学院大学で教鞭をとる/Ph.D.国際コミュニケーション)

トライズの受講生に最適の学習を提供するためトライズには語学研究所が設置されています。
語学研究所では第二言語習得の最新の研究を常にキャッチしトライズのプログラムに反映させています。

トライズには様々なビジネスパーソンの受講実績があるので、結果を出したデータを活用します。たとえば、受講生の目的やレベルに合う教材の選択や、アウトプットレッスンの指導に活かしています。
語学研究所では教材作成は行っていませんが、受講生が学習の目的に合った教材を見つける際にコンサルタントと連携して教材選びを行います。

(語学研究所の特別研究員 門田先生)
(関西学院大学法学部教授、関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科教授/Ph.D.応用言語学)

トライズメソッドの実践/インプット&アウトプット

蓄積データの活用

トライズメソッドには、さまざまなゴールを目指した受講生の学習手順や教材選択などのデータが残っており、受講生はそのデータを活かした学習ができます。

入会後は用意されたプログラムに沿って学習すれば、独学で陥りがちな回り道から解放されます。

英語学習は、正しい情報に基づき、自分に合った最適な方法で行うことが肝心です。
トライズでは、最終ゴールまで目的に合致した教材を使ってプログラムを組むため、最短で成果の出る学習を実践できます。

インプット学習 /週6日

インプット学習では、週に6日間のシャドーイング学習・スピーキング学習・アウトプットレッスンの予習を行います。

教材は、講師やコンサルタントのアドバイスを参考にして、受講生の目的に合致したものを選択し次のとおり学びます。

シャドーイング学習: 主に映画・ドラマとそのスクリプトを使い、スクリプトを覚え込むくらいまで徹底練習をします。

スピーキング練習:目的に合う最適の市販教材を選び、言いたいことを瞬発的に話すためのフレーズ練習などを行います。

アウトプットレッスンの予習学習:予め知らされたレッスンのテーマについて話すことをまとめ、語彙やフレーズを予習します。

アウトプット練習 /週3日1年141回

トライズのアウトプット練習は、週3日間ネイティブ講師との英会話レッスンを行います。

英会話レッスンの内訳は、
◇週1回 (50分)   :受講生4名までのグループレッスン
◇週2回(1回25分): プライベートレッスン
です。

いずれも曜日と時間帯を決めて、レッスンのスケジュールを組みます。
同一曜日、同一時間のレッスン枠は、同じネイティブ講師が担当します。

トライズでは、過去の指導実績に基づき1年間1,000時間の学習を推奨しています。
これは、本業を持つビジネスパーソンが英語学習をする場合に、盤石な基礎力とビジネス現場で使える英語コミュニケーション力を習得するための時間です。
1年間受講を継続すれば、ネイティブ講師からアウトプットレッスンを受ける回数は、合計141回になります。

毎週3回、1年で約141回のアウトプットレッスンを受けるけることで、常に英語で思考し、英語で話す訓練が行え、国内にいながら積極的に英語脳を鍛えることになります。

トライズで実践する1年間の英語学習は、あなたの血肉となり将来の選択を広げるための盤石な言語能力として定着します。

ネイティブ講師レッスン141回は語学留学と等価

これまでトライズで学習した受講生の中には、ネイティブ講師の行う充実したレッスンは、語学留学に匹敵する価値があったと評価する人もいます。

定期的に英語ネイティブ講師とのレッスンに臨むことは、語彙や文法などの知識習得に留まらず、日々英語に慣れ親しむ心理的効果も見逃せません。

受講生による英語カリキュラムの評判

外資系企業でトライズの有効性を実感

(外資系企業勤務の受講生 三村さん/12ヶ月間受講)

三村さんは、外資系の企業に勤務し英語の資料を読むことには慣れていましたが、英語を話す機会が少なく英会話に自信を持てませんでした。

勤務先でインド系列会社がシステム構築を委託している関係から、英語によるやり取りの必要性を痛感し、トライズで1年間の学習を開始しました。

学習開始後上司がイギリス人となった後は、より英語で話したり英語資料を作成したりする機会が増え、トライズで学習したことを仕事の現場で実践しつつ英語コミュニケーションの経験を重ねました。

英語のみで業務遂行できるまでに

トライズでの学習開始前は英語を話すことにコンプレックスがある状態だったのが、徐々に学習が功を奏し、会社のワークショップで丸2日間英語のみで業務を遂行するまでになりました。

(三村さんのVersant Speaking Testスコア12ヶ月で41点→55点)

英語学習のための時間は、勤務前の早朝時間を活用するなどしましたが、トライズで設定した学習カリキュラムがしっかりと学習の道筋を示してくれたので、最後までやり遂げることができたと話します。

受講生に真正面から向き合い徹底的に付き合ってくれた講師は、英語力習得に不可欠の存在であり、日々モチベーショを上げてくれた専属コンサルタントとのやり取りも励みとなって1年間継続できたと振り返ります。

トライズを経て、三村さんも英語を通して人に影響を与える人間になりたいと話します。

学習成果を出すための要因

三村さんは業務上で英語を使う必然性があったことや、上司がイギリス人となったことで、英語力の習得に迫られていました。

そんな状況下で、英語ネイティブ講師や専属コンサルタントといった万全の学習環境で学ぶ選択をし、高い成果を出されたのですね。

三村さんの体験に暗示されるように、英語学習には、
明確な英語習得の目的や必然性があること
学習プログラムやカリキュラム、学習スケジュールが整備された環境で計画的に学ぶこと
上質な指導者とサポート体制のある環境で継続して学ぶこと
が、学習成果を出す要因であると理解できます。

トライズメソッドのメリット

トライズのプログラムには、目的を達成するまでのカリキュラムとサポートが全て含まれています。

将来のビジョンを持ち、1年間真剣に英語学習をすると決断した後あなたが行うことは、トライズの学習カリキュラムに沿って淡々と実践することです。

成果不明の学習方法で暗中模索しながら学ぶことに比べると、目標達成の実現性は格段に高まります

実践的なメソッドに基づくカリキュラムと学習環境が整っているトライズはこちら→
【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

トライズ TORAIZ英語マスタープログラム 

非ネイティブの英語でいい! 
継続率91.0%以上 
1年間に1,000時間、本格的に勉強するから1年間で明らかな成果が期待できます。
ひとりで月80時間以上継続するのは難しくても、専属コンサルタントが二人三脚で学習時間を管理してくれるので1日3時間の学習を習慣化できます。
継続できる環境でしっかり学んで英語をマスターするプログラムです。
米国大使館でも採用されている ” Versant English Test "がカリキュラムに含まれているので、あたなたは学習成果を確認しながらステップアップすることができます。
グループレッスン(通学コース)とプライベートレッスン(Graspeakオンラインコース)あり。
※グループレッスン ⇔ プライベートレッスンは振替可能
受講開始後30日までの間は全額返金保証があります。

ライザップイングリッシュ RAIZAP ENGLISH

RIZAP流のPDCAサイクルで、目標レベルを達成したい人はこちら。

日常会話や海外旅行会話レベルを希望する人から、仕事上の意思表示や情報交換に英語を使いたい人、ビジネスで英語圏のネイティブ並みの英語力による議論のできるレベルを目指す人まで、参加者それぞれの目標に応じたプログラムを組んで学習します。
日本語の専属コーチが、あなたを個別に目標達成まで導いてくれます。
初回レッスンから30日間は返金保証があります。

イングリッシュブートキャンプ English Boot Camp

短期集中型プログラムでスピーキング能力を高めたい人はこちら。
2日間、20時間の英会話の国内留学型のメニューです。
英会話の90%は900語の単語で通じるので、たくさん話す経験を積むことが重要です。
そこでイングリッシュブートキャンプは、大量のアウトプットを行うことに特化しています。
モチベーションの高いクラスメートと2日間一緒に過ごし、間違ってもいいからたくさん話すことを繰り返して、英語コミュニケーション能力と英語を話す自信を得てゆきます。
独学では難しいスピーキング練習を2日間20時間で徹底的に実践します。
講師は、厳選採用された指導力抜群のネイティブチーム。
三菱商事部ループの人材育成部門と共同開発されたプログラムです。

1,000時間集中して学ぶ実践型英会話スクール オンラインレッスン(プライベートレッスン) グループレッスン グローバル企業採用の Versant Speaking Test シャドーイング スピーキング練習 トライズ 学習スケジュール 専属コンサルタント 英語ネイティブ講師 評判 口コミ レビュー
Good Languageをフォローする
ABCspeakerz

コメント

タイトルとURLをコピーしました