トライズで使える英語を!専属コンサルタントが1000時間サポート

1,000時間集中して学ぶ実践型英会話スクール

英語知識が多いだけでは英会話のコミュニケーションはできない?

(トライズの専任ネイティブ講師によるレッスン)

英語スピーカーと堂々と話せない人は多い

英語のリーディングやライティングできるけれど、英語圏での英語は聞き取れなかった、怖くて話せなかった、という人は多いのではないでしょうか?

また、難関校の受験英語を高得点で突破したり、TOEICで高いスコアを獲得したり英検1級を取得したりしていても、いざ英語スピーカーと向き合うと、コミュニケーションやディベートに二の足を踏んでしまった経験のある人もいるでしょう。

英語の知識が多くても話せないのはなぜ?

英語の読み書きの充分な知識はあるのに、なぜ実践の場では英語スピーカーの言っていることが聴き取れず、自在に話すことができないのでしょうか?

それは、知識を蓄積するための受け身の記憶中心の英語学習と、実践の場で使うための能動的な英語学習とは、習得方法がまったく異なるからです。

英語を能動的に使うためには、

受け身の知識の英語

能動的に使える知識

へと進化させるために、身体の中にたたきこむ訓練をする必要があります。

英語脳を活性化するには? トライズなら1年1,000時間学習して脳を書き換えて英語を習得できる

トライズでは1,000時間の継続学習を実践できる

「トライズ(TORAIZ)」なら、英語が一年でマスターできる

これから長期的に英語を使いたい、そのために一時的ではない盤石な基本をどこかで構築しておきたいという人にはトライズの英語習得プログラムをお薦めします。

トライズでは、英語が話せない人を 1年間1,000時間で話せるように導くためのプログラムが用意されています

なぜ1,000時間かといいますと、一般的に英語習得には2,200時間程度の学習が必要といわれますが、日本人はすでに学校教育で約1,200時間学んでいます。
そこで、スムーズな英会話のためには、残り1,000時間を追加して学習する必要があるからです。

英語に限らず外国語を習得しようと考えたら、一朝一夕に話せるようになることはありません。
これから本格的に英語を学ぼうとする人には、1,000時間の継続学習が必要になります。

1000時間というと、1日にすると3時間前後の時間になりますから、その時間を毎日捻出して、独りで管理するのはなかなか大変ですね。
トライズでは、あなたひとりで1,000時間学習してゆくのではありません。

トライズは専属コンサルタントが日々の学習のサポートを行う

トライズでは、1年間あなたを専属コンサルタントとネイティブ講師がしっかりサポートします。

コンサルタントの役割は、学習教材の選択や受講生個々人の学習時間の管理に始まり、学習の進捗度合い、間違った学習をしていないかのチェック、さらには、メンタルが不安定な時のサポートを行うなど、受講生一人一人に向き合って日々丁寧なアドバイスを行うことです。

1,000時間は一見大変そうですが、専任講師だけではなく専属コンサルタントがいつも支えてくれるなら、初志貫徹できそうですね。
実際、参加した受講生の継続率は91.0%と非常に高くなっています。

トライズで学ぶとき気になることは?英語力を維持している人は地道な実践を継続している

 (トライズのプログラムメソッド)

英会話のパーソナルレッスンや学習方法は多数ある

トライズで学ぶことに迷いがあるとしたら、
・一定期間継続して学ぶ時間を現実的に作ることができるか?
・貴重な時間をかけて学習したとして、学習時間に見合うだけの英語能力が本当に習得できるのか?
・英会話の向上なら、もっと集中して学ぶ方法が有効ではないか?
ということがあるでしょう。

学習時間の捻出と実際に英語能力が習得できるかについては後述しますので、ここでは短期集中して学ぶことに関して説明します。

短期的に英語のスピーキング能力やヒアリング力をアップさせるメソッドは、いくつか存在します。

そのメソッドの一つに、英語スピーカーだけの環境に強制的に身を置き、一定期間 圧倒的な時間をかけて集中して学ぶ方法があります。

たとえば英語なら、英語ネイティブだけの欧米のスクールに留学するとか、ビジネスで英語だけしか使えない職場で仕事をするなどが挙げられます。
英語が必須の中でしか生き延びられないとなると、自分への本能的な強制力、プラス、与えられた環境の場のエネルギーに押し上げられて、スピーキング力やヒアリング力を相乗的に向上することが期待できるでしょう。

たくさん聴いてたくさん喋る方法は、英語を聴き取る能力が発達し、聴きとれるから話せるという英語脳活性化の好循環に入ってゆけます。

たしかに日常会話や海外旅行での会話に困らないレベルなら、そのメソッドが有効な場合もあります。

短期集中の英語学習で気をつけたいこと

短期集中学習が有益とはいっても、全くの基礎力がないまま留学したり英語スピーカーだけの環境に飛び込んだりしても、幼少期までの子供でない場合は、長期的視点からの効果は望めないケースが多くなります。

つまり、かりに短期間に英会話の力をつけることができたとしても、その会話能力を維持するには、どうしても日々の練習実践が必要になります。

正しく1,000時間学んで話せるようになることの優位性

母語以外の外国語を学ぶ際には、

目で見て理解し

口に出して音声化する

という過程を経る必要があります。

言い換えれば、

受け身の知識としての視覚言語

能動的に使う知識としての音声言語

というプロセスを経て、口から外国語を発することになるのですね。
この二つのプロセスが相互に循環して、言語能力が蓄積されるのです。

よく英語圏に住んでいた人が、日本に帰国したらあまり話せなくなったという話を耳にすることはありませんか?
また、ビジネス英語が必須の職場にいたときは、多少難関な英語によるビジネスのやり取りや強気な欧米人との英語交渉も難なくこなすことができたけれど、いったん職場を離れたら、ビジネス英語に自信がなくなった、という話も聞きますね。

これは、英会話力の向上には、環境がきわめて有効な役割を果たすものの、英語スピーカーたちのいる環境を離れた後に英語力を維持するためには、自分の力で日々実践して言語能力を磨く必要があるということを示唆しています。

そのよい例として、英語圏から帰国した人や、ビジネスで英語を使う職場から離れた人たちでも、意識的に英語に接する機会を設け、積極的に英語スキルの維持・向上に努めたりしている人は、一度得た英語能力を低下させていません。

つまり、英語の上達脳を習得した人は、英語圏を離れても知らないうちにトライズ方式で地道に練習して実力を維持していたのです。

これから長期的に、ビジネスの場面や富裕層と交流する場面などで、国際言語の英語を臆することなく使いたいと考えるなら、トライズで学んだ経験が将来的にもあなたの価値ある財産となるでしょう。

トライズで本格的に学ぶ効果は大きい!トライズを卒業した後は一人でも自分に適した英語上達法がわかる

(トライズ受講生の1年間のVersant English Testスコア推移例)

正しく学習すると、卒業するころには英語が話せるようになる

もしあなたが、トライズのような圧倒的な学習時間を確保する学習システムで本格的に学んだとすると、将来にわたって英語の基礎としての言語回路を身に付けることになります。
つまり、
トライズで学ぶうちに、肌感覚で英語とはこんな言語だということがわかるようになります。
そのレベルに達したころには、英語に対する心理的なハードルが低くなっています。

トライズを卒業したら、ひとりでも英語学習を習慣化する力が備わる

トライズを修了する頃には、英語能力が高レベルに書き換えられていることに加えて、英語を習得するための能力も鍛えられています。
次はこんなことを学べばよいとか、将来的にどのようなペースで、何を、どれだけ学習すれば目標まで実力を伸ばせるかといったことが解るようになるので、英語学習を習慣化できます。

これは、日本語を母語とする日本人が、海外生活中に多少日本語の言い回しや漢字を忘れても、その気になればすぐにリカバーできるのと同じですね。

トライズではネイティブの並みの英語力を目指さない

孫正義氏の、海外でのパブリックスピーキングをご覧ください。

【日本未公開】世界に通用する日本人 孫正義 その英語力①

simple English , easy words and sentences ですね。

熱意を傾けて話すことが、いかに重要かお分かりでしょうか。
流暢なスピーキング能力は二の次で、自分の伝えたい内容を自信をもって明確に伝える意思こそ重要と思われませんか?

日本人の中には、完璧な英語でなければ喋ってはならないと考えるタイプの人もいます。
ただ、グローバル化した現代、英語を話す人の78%は非ネイティブの人達です。
国際会議などはたいてい英語で行われ、インターネットで交わされるコミュニケーションのうち80%程度は英語で行われるという状況ですが、英語を母語とする人はその中の一部にすぎません。

ですから、もしあなたが日本人で、通訳など英語そのものを職業とする人でないのなら、これからネイティブ並みに話すことを目指す必要はないと考えるのが現実的な選択になります。

TORAIZを提供するトライオン株式会社社長の三木雄信氏は、
『ネイティブ並みの完璧な発音の英語を話さなくても仕事の場では十分理解され、完璧な英語よりも、解りやすいロジックで解りやすい英語を話し、自分自身の英語で伝えることが重要なので、使える英語を習得することが優先される』
と説明しています。

本格的な英語学習を行う人にトライズは最適と評価されている

トライズ受講生約3,500人のデータに基づくVersantスコア推移

トライズでは、米国大使館やグローバル企業の多くで採用されている ” Versant English Test “がカリキュラムに含まれています。
あなたが貴重な時間を積み上げて学習した成果を、このテストで客観的な計測データとして把握できるので、着実にステップアップすることが可能になります。

トライズの受講生約3,000人のデータによると、学習開始後1か月から3か月程で英語脳が目覚め始め、900~1,000時間の学習で海外出張で質疑応答できるレベルまで上達しています。 

さらなる情報グローバル化が進む21世紀、
本気で世界の共通言語(Global Language)である英語を習得しようと考えているなら、トライズほど言語能力を蓄積することを目的としたプログラムを用意しているスクールは、今のところ見当たりません。

あなたがトライズで学ばれたなら、細かいことは全てコンサルタントに一任して、英語学習に専念できる環境が整っています。

細やかなサポートを行う専属コンサルタントと二人三脚で進めるので、プログラムをこなす途上に起こる煩雑なスケジュール管理やテキスト選びなどに、あなたの有限の時間やエネルギーなどを奪われることはありません。
あなたの貴重なリソースを、全て1,000時間の英語学習に傾けることができるのです。

押し寄せる国際化の波に乗り遅れないために一日でも早くスタートしませんか?

【コーチング英会話スクール】トライズ(TORAIZ)紹介映像

信頼性の高いトライズはこちらから【英会話教室なら29年】トライズなら1年で英語が身につく

トライズ TORAIZ英語マスタープログラム 

非ネイティブの英語でいい! 
継続率91.0%以上 
1年間に1,000時間、本格的に勉強するから1年間で明らかな成果が期待できます。
ひとりで月80時間以上継続するのは難しくても、専属コンサルタントが二人三脚で学習時間を管理してくれるので1日3時間の学習を習慣化できます。
継続できる環境でしっかり学んで英語をマスターするプログラムです。
米国大使館でも採用されている ” Versant English Test "がカリキュラムに含まれているので、あたなたは学習成果を確認しながらステップアップすることができます。
グループレッスン(通学コース)とプライベートレッスン(Graspeakオンラインコース)あり。
※グループレッスン ⇔ プライベートレッスンは振替可能
受講開始後30日までの間は全額返金保証があります。

ライザップイングリッシュ RAIZAP ENGLISH

RIZAP流のPDCAサイクルで、目標レベルを達成したい人はこちら。

日常会話や海外旅行会話レベルを希望する人から、仕事上の意思表示や情報交換に英語を使いたい人、ビジネスで英語圏のネイティブ並みの英語力による議論のできるレベルを目指す人まで、参加者それぞれの目標に応じたプログラムを組んで学習します。
日本語の専属コーチが、あなたを個別に目標達成まで導いてくれます。
初回レッスンから30日間は返金保証があります。

イングリッシュブートキャンプ English Boot Camp

短期集中型プログラムでスピーキング能力を高めたい人はこちら。
2日間、20時間の英会話の国内留学型のメニューです。
英会話の90%は900語の単語で通じるので、たくさん話す経験を積むことが重要です。
そこでイングリッシュブートキャンプは、大量のアウトプットを行うことに特化しています。
モチベーションの高いクラスメートと2日間一緒に過ごし、間違ってもいいからたくさん話すことを繰り返して、英語コミュニケーション能力と英語を話す自信を得てゆきます。
独学では難しいスピーキング練習を2日間20時間で徹底的に実践します。
講師は、厳選採用された指導力抜群のネイティブチーム。
三菱商事部ループの人材育成部門と共同開発されたプログラムです。

1,000時間集中して学ぶ実践型英会話スクール トライズ 専属コンサルティングサポート
Good Languageをフォローする
ABCspeakerz

コメント

タイトルとURLをコピーしました