英語発信にはシャドーイング学習!トライズは目的ごとに最適教材を推奨

シャドーイング

英語の知識が多くても話せない

 

多くの日本人が英語を話すことに距離を感じるわけ

英語の知識はあるのに、いざというとき英語が出てこなかったことはありませんか?

簡単なお決まりの定型フレーズで挨拶されても、とっさに返せない
知っている英単語で道を尋ねられても、簡単な案内もできない
英語で事務的な電話応答ができない
英会話スクールの先生の英語は聞き取れても、先生以外の英語は聞き取れない
そもそも英語スピーカーの言っていることが解らない

話すことはおろか、聞き取れなかったことも多いのではないでしょうか?
学校の教科書では習ったことばかりなのに、なぜ実生活では話せないのだろう? と、悔しい思をした人もいるでしょう。

英語の知識があっても話せない理由は、

日常的に 英語を聞いたり話したりする時間が圧倒的に少ない
英語を口にする絶対的な時間が不足しているため、脳内に英語の言語回路が作られていない
人によっては、外国語を話すことに完璧を求めすぎて心理的重圧感を抱く傾向がある

ことが挙げられます。

英語の知識が自分の中の言語感覚として血肉となるまで、聞いたり話したりする時間が不足しているケースがほとんどです。
この不足を補うためには、充分なリスニングとスピーキングの訓練をするほかありません。

受験英語だけでは話せない

 

(トライズのグループレッスンの様子)
(ディスカッション方式で英語のコミニケーション・ストラテジーを習得する)

従来の英語学習は、最初は知識をインプットする受け身の読む・書くが中心となり、リスニング時間とスピーキング練習に時間を費やすことは限定されていました。

受験合格のための英語学習に専念した経験があればなおのこと、スピーキング能力は鍛えられていませんから、そのまま社会に出ても英語スピーカーと対面したとき話せません。

英語を話すためには、日ごろから意識して英語を口に出すことを習慣化することが重要です。
日常的に英語を口にする機会が増えれば、その時間に比例して英語という言語に対する感覚が磨かれ、実際の場面で話すことに抵抗もなくなります。

どのような方法で習慣化するのでしょうか?

発信するためにはリスニングとスピーキング練習を徹底する

英語発信力をつけるには

単語・発音・グラマー・フレーズなどのインプット ⇔ アウトプット訓練

の反復が必須です。

日本人が英語を話せない3つの理由【2019】

この動画では、日本人が多くの英語の知識を持っていながら話せない理由を、ピアノ演奏にたとえて説明しています。

英語学習を積んで知識もたくさんあるのに、なぜ話せないのかという疑問は、

こんなに正確に楽譜を読めるのに、なぜピアノが弾けないのだろうか?
こんなに膨大な音楽理論を学習したのに、なぜピアノが弾けないのだろうか?

と考えることと同じだと説明しています。

どんなに音楽理論を学び、楽譜が読めるようになっても、実際にピアノを弾いたことがなければ演奏ができないのは当然ですね。

ピアノに限らず、水泳も、書道も、スポーツも、車の運転も、料理も、商売も・・・、全て同じです。

いくら本やスクールで学んで、理論を理解し納得できたとしても、

現実に身体を動かして海に出て泳いだり、筆を動かして書いたり、路上に出て運転したり、スポーツの試合練習をしたり、素材を揃えて料理を作ったり、資金を運用して実業を行うなどの経験がなければ、最初から上手くゆくことは何一つありません。

すべては、何度も何度も体の筋肉を使って動き、頭脳を駆使して練習したからこそうまくなるのです。
自分の身体を動かし練習する過程で、脳内の必要な神経が繋がり発達してゆくのです。

英会話の習得の場合も同じです。

多くの単語やフレーズやアクセントを記憶したり、
英語のグラマーを覚えたり、
英語の文化背景に詳しくなったり、
英語の各種テストで高スコアを取得したりしても、

実際に英語を話すことができるか? 円滑に英語のコミュニケーションをとることができるか?とは、別の問題になります。

楽譜が読めても実際にピアノを演奏して反復練習しなければ、リサイタルは開催できないように、多くの英語を聞いて何度も何度も話す練習をしなければ、英語スピーカーたちと話すことはできません。

リスニング力が不足する理由

日本の英語学習はネイティブ音声を聞く時間が短い

英語 リスニング 英語 発音:この英語、聞こえますか?(#1)

(ネイティブの音声に触れましょう )

従来の英語授業は、日本人か日本語が話せる英語圏のネイティブ教師によってが行われました。
授業の進行も、大半の学校では日本語によって進められ、テキストにも日本語解説が併記されています。

この方法では、英語を一度日本語に変換して理解し、その日本語を英語にもう一度変換しなおして考える回路が作られますので、英語を瞬時にネイティブ言語のまま理解することはできません。

リスニングに関しては、授業中にテキスト音声を聴く時間やリスニング問題を解くこともありますが、授業全体からみればわずかの時間です。

そのうえ、学校教育での英語学習時間は限られています。
4技能(読む書く聞く話す)を伸ばすには、授業以外の積極的な学習時間を自ら設けることが必要になります。

これは英会話スクールで学ぶ場合や個人的に英語レッスンを受ける場合も同様で、英語力を伸ばすには学習する人が自主的に学習時間を作り、絶対的な練習量をこなすことが必須になります。

効率的なリスニング学習をしていない

英語が聞き取れるようになる 7つのポイント(Part 1)

(native発音の脱落や連結などに慣れましょう)

リスニング時間を増やした効率的学習が大切

学校教育や英語スクールだけでは英語に触れる時間が短い点を解消するために、リスニングの時間を増やせば比例して英語力は伸びるのでしょうか?
たしかに積極的に英語に触れる時間を増やすことは、英語力の向上につながります。

しかし、社会人や、専門分野の学業に勤しむ学生が英語学習をする場合、一日に使える時間は限定されます。
その限られた時間の中で、いかに効率的に習得していゆくかがポイントになります。

聞き流す方法による上達は限定的

英語リスニング教材の音声を流したり、BGMの代わりに英語圏のラジオを流したりすれば聞き取れるようになるでしょうか?
聞き流して学ぶという方法は、英語特有のリズム感や英語の音に耳が慣れるという効能はあります。

ただ、

・どこが聞き取れ、どこが聞き取れないのか
・聞き取れるようになるにはどうすればよいか
・何を修正すればリスニング力がさらにアップするか

は解りません。

この方法では、ビジネスで使えるリスニング力をどの程度習得できるか疑問が残ります。

闇雲にリスニング問題を解いても、リスニング力はアップしない

リスニング問題を解くことでリスニング力は上昇するでしょうか?

これは、

英語のリスニング問題を聞く

問題に解答する

日本語解説を確認して再度英語を聞く

という流れになります。

この学習法では、時間をかけた割にリスニング自体の時間は極めて短時間であることはお分かりでしょう。

この方法に費やしたリスニング時間程度では、リスニング力上昇につながるほどの効果は期待できません。

問題に答えた後に日本語解説を読むという過程が入りますので、脳内で英語の思考回路が中断されるデメリットもあります。
日本語と英語を何度も切り替える不合理な学習法ともいえます。

リスニング問題に答えるという方法は、受験などの場面では必要になりますが、リスニング能力向上の面からは非効率な学習法になります。

発信するとき知っておきたいこと

英語の型に沿った練習をする

発信する力は、闇雲にたくさん練習して鍛えれば良いのではなく、英語なら英語の正しい定型文に沿って練習することが大切です。
正しい練習を繰り返すなかで、言語発信のための神経回路が鍛えられます。

座学で得た英語知識を現実に発信できるスキルへ変化させるためには、型に沿った練習を反復し、恐れず堂々と発信することが必要です。

英会話の80%は簡単な構文と単語で通じる

もっと楽に「最速」で英語を話せる3つのポイント 4K

(どんな目的で英語を使うの?)

この動画では、

英語はコミュニケーションのツールなので、
ビジネスのどのような場面に、どのような目的で英語を使うかが大切

と説明し、どんな発音やアクセントで話しても結果は変わらないといいます。

さらに、

目的によって必要な英語レベルが変わり、英語スピーカーとコミュニケーションをとる目的ならJAPANESE SAMURAI ACCENTで十分
大人になってから非ネイティブの人がきれいなNATIVE ACCENTを習得するのは困難
日本人ならSAMURAI ACCENTで通じるし、JAPANESE SAMURAI ACCENTを好ましく感じるネイティブも多い
英語を話すことに対するマインドブロックを取り払い、話す機会をどんどん増やせば上達する
リスニングの力を上達させることも重要

と話しています。

このことを知らない多くの日本人は、英語教育として中学で3年、高校で3年、短大や大学に進学すればさらに数年を学習に費やし、その上英会話スクールに通い、充分な英語の基礎はあるのにアクセントや発音にこだわりすぎて、話すまでたどり着けません。

英語の8割は簡単な単語と文法で通用し、残り2割が難しい単語と構文になります。
受験英語はふるい落とすことが目的ですので、ネイティブであっても困惑するような難問が出題されています。

受験のときは難易度の高い英語学習をすることに価値がありましたが、大人になってからも受験英語の記憶に縛られたまままでは、英語スピーカーたちと気軽に会話できません。

あなたが世界と繋がるには、英語をネイティブや英語スピーカーたちとのコミュニケーションツールとして積極的に使うことが大切です。

アクセントや発音より、発信目的を明確化する

私たち日本人が日本語を話すとき、いちいち動詞の変化や格助詞などを考えなくても自在に話すように、英語圏の人もそこまで細かく考えて話しているわけではありません。

実社会では、特別の専門職でない限り、難関校を突破するレベルの受験英語を使うことは稀ですので、一般社会で使われている英語を話せばよいのです。

あなたが英語の専門職でなく、何かを成し遂げるためのツールとして英語で話すのなら、発音やアクセントにこだわリ過ぎず、自分の伝えたいことを堂々とSAMURAI ACCENTで話せばよいのです。

知識がありすぎて、却って英語発信の機会を遠ざけてしまうこともありますが、英語を話す人口のうち、非ネイティブは約78%、13.6億人ですので、多少の間違いは気にする必要はありません。
アクセントが少々間違っていても、ほとんどの場面では通じますし、会話内容は文脈全体から伝わることが多いのです。

リスニング力とスピーキング力を付けて発信力を高めるには?

英語発信力の上昇にはシャドーイング学習が効果的

英語を口に出すことを習慣化し自然に口に出るようにするためのアウトプット練習は、どのような方法がよいでしょうか?
それは、シャドーイング学習です。

それも、ただ機械的に漫然とシャドーイングするより、流れる音声にできるだけ近い音声を心掛けると効果的です。

また、練習ごとに発音やイントネーション、ポーズの取り方など注意を払う個所をテーマとして目標設定すると、目に見えて上達を実感できるでしょう。

シャドーイング学習法

How-to Video: ShadowTalk 英語 シャドーイング Speech Shadowing Technique

シャドーイングは、流れる音声を聞きその音声にShadow(影)のように追随し声に出しながら追いかけてゆく学習方法です。
この学習は同時通訳の訓練でも使われてきました。

シャドーイング学習は次のプロセスで実践します。

ネイティブの話す英語音声を耳で聴き、教材で意味を理解する

英文を音読する

英文の文字を認識する

少しずつ音声を聞いてまねる

教材を閉じて、再度音声を聞く

音声だけを聞いて声に出す

シャドーイングでリスニング力も磨かれる

シャドーイング学習を継続することによって、本物の英語音の特徴が解り、英語のリズムに慣れてきます。

ネイティブの音をそのまま繰り返すので、発音の違いだけでなく、アクセントやイントネーションといった英語特有の音の特徴に慣れてきます。
すると、日本語とは異なる、英語の音の聞き方が分かってきます。

また、シャドーイングは自分で口に出して話すので、単語と単語が繋がることによる音の変化、脱落、連結、短縮、省略などのパターンに慣れてきます。
練習するうちに、これらの音を自分で話せるようになります。

自分で正しく発音できるようになった音声は、聞き取れるようになります。
シャドーイング学習を継続することによって、リスニング力も相乗的に鍛えられるのです。

シャドーイング学習は、正確に音声を聞いて反復する作業です。しっかり集中して音声を聞く必要があるので、音声に耳を傾ける過程で、リスニング力も上昇します。

ラジオなどを利用して毎日英語を聞き流していても、なかなかリスニング力が上がらないのは、集中して聞いていないからです。
漠然と聞いていてもなかなかスニング力は向上しませんが、シャドーイング学習のように、意識的に集中して聞けばアップします。

トライズのシャドーイング学習の特徴

映画教材などを利用する

トライズのシャドーイング学習では、教材として映画音声やスクリプトを使うことがあります。

映画やドラマを教材として使うと、実際にネイティブが話すスピードの英語を聞くことができ、ネイティブの使う生きた英語に触れることができます。

映画やドラマに出るフレーズには、学校のテキストや英語教材には書かれていない言い回しも頻出します。ストーリーを追うことで、どんなシチュエーションでその言い回しを使うかを、まるごと覚えられます。

映画の英語で学ぶ eiga de eigo #1 (SUITS Season 3 Episode 2)

この映画は若手弁護士が主人公のストーリーです。
もしあなたが法曹界で実践を積んでいる途上の人なら、このような映画を学習教材として使うと、ストーリーで使われる単語やフレーズがどんどん自分の頭脳に吸収されるような気がしませんか?

 

 

 

(引用 SUITS Season3 Episode2  8:35)

受講生の目的に合致した教材を使う

自分のビジネスに関係ある映画や、興味ある分野の教材で学ぶと学習が捗ります。

スクール側が一方的に指定した教材ではなく、自ら選択した教材で楽しみながら学習しているのでまったく苦になりません。
「努力して勉強する」といった、強要されたような気分からほど遠い心理状態になっています。

本来、興味のある分野なので、もっと知りたい、もっと話せるようになりたいという意欲が湧いてきて、何時間でも学習でき、何度も何度も口に出して練習をするでしょう。

全ての受講生には別々のゴール設定があります。
画一的な教材を使うより、受講生ごとに目的に合わせたプログラムをデザインして学ぶことは、高い学習効果が望めます。

学んだことが近未来のビジネスに直結していると思えば、学習にも一層熱が入りますね。
あなたのビジョンにマッチした教材ですので、現実味のあるトレーニングとなり、学習クオリティも格段に上がります。

そうなれば、後は良い流れに乗って継続するのみ!!です。

トライズの1000時間学習するプログラムは、一見長いようにも思えますが、自分を鼓舞するジャンルなら集中して学べるので、苦労や退屈を感じないで続けられるでしょう。

映画の英語で学ぶ eiga de eigo #2 (SUITS Season 3 Episode 7)

 

 

 

 

 

(引用 SUITS Season3 Episode7 24:00)

受講生のやる気を引き出し、学びを継続できるメソッドを用意しているのがトライズのプログラムです。

習熟した専属コンサルタントが手伝う

教材選びに迷ったり、教材や担当講師が自分に合っていないと感じたときは、専属コンサルタントに相談すれば善処してもらえます。
コンサルタントは、ビジネス経験があり英語学習にも精通し、トライズの厳格な採用基準を経て(概ねTOEIC800点が採用基準)、独自の研修を受けた人たちです。

シャドーイングの教材選びや英語学習の過程で悩んだときは、あなたの進捗度合いに応じ、

どんな教材が最適か?
目標から逆算して現在どんな学習を行う地点にいるか?

について、適確なアドバイスを行います。

あなたは英語学習だけに集中し、迷わずゴールに向かって正しい学習を進めることができるのです

(外資系企業勤務の受講生 三村さん)
(担当コンサルタントがモチベーションを上げてくれたと語る )

興味ある教材で学習に没頭できるトライズはこちら⇒ 1年英語マスタープログラム「トライズ」

トライズ TORAIZ英語マスタープログラム 

非ネイティブの英語でいい! 
継続率91.0%以上 
1年間に1,000時間、本格的に勉強するから1年間で明らかな成果が期待できます。
ひとりで月80時間以上継続するのは難しくても、専属コンサルタントが二人三脚で学習時間を管理してくれるので1日3時間の学習を習慣化できます。
継続できる環境でしっかり学んで英語をマスターするプログラムです。
米国大使館でも採用されている ” Versant English Test "がカリキュラムに含まれているので、あたなたは学習成果を確認しながらステップアップすることができます。
グループレッスン(通学コース)とプライベートレッスン(Graspeakオンラインコース)あり。
※グループレッスン ⇔ プライベートレッスンは振替可能
受講開始後30日までの間は全額返金保証があります。

ライザップイングリッシュ RAIZAP ENGLISH

RIZAP流のPDCAサイクルで、目標レベルを達成したい人はこちら。

日常会話や海外旅行会話レベルを希望する人から、仕事上の意思表示や情報交換に英語を使いたい人、ビジネスで英語圏のネイティブ並みの英語力による議論のできるレベルを目指す人まで、参加者それぞれの目標に応じたプログラムを組んで学習します。
日本語の専属コーチが、あなたを個別に目標達成まで導いてくれます。
初回レッスンから30日間は返金保証があります。

イングリッシュブートキャンプ English Boot Camp

短期集中型プログラムでスピーキング能力を高めたい人はこちら。
2日間、20時間の英会話の国内留学型のメニューです。
英会話の90%は900語の単語で通じるので、たくさん話す経験を積むことが重要です。
そこでイングリッシュブートキャンプは、大量のアウトプットを行うことに特化しています。
モチベーションの高いクラスメートと2日間一緒に過ごし、間違ってもいいからたくさん話すことを繰り返して、英語コミュニケーション能力と英語を話す自信を得てゆきます。
独学では難しいスピーキング練習を2日間20時間で徹底的に実践します。
講師は、厳選採用された指導力抜群のネイティブチーム。
三菱商事部ループの人材育成部門と共同開発されたプログラムです。

シャドーイング トライズ 専属コンサルティングサポート
Good Languageをフォローする
ABCspeakerz

コメント

タイトルとURLをコピーしました