トライズはテキストと動画で学ぶ.欧米ドラマは英会話習得の最適教材

シャドーイング

最短で英語を習得するには?

インプット学習とアウトプット練習を繰り返す

トライズの英語学習は
週6日間の自己学習
週3回の英会話レッスン
から成ります。

インプット学習は、
シャドーイング学習
スピーキング学習
アウトプット練習(英会話レッスン)の予習
を行います。
使用する教材は主に、
シャドーイング学習・・・目的に合致した動画教材(英語圏の映画やドラマ
スピーキング学習 ・・・・目的に合致したテキストブック(英語のフレーズ集など
となります。
どちらも、専属コンサルタントによる学習方法や暗記方法などのアドバイスがあり、シャドーイング学習は発音チェックを行います。

英会話には英語文化の知識が役立つ

(出典 White Collar Season 4 : Star pulse Exclusive FOX Home entertainment)

英語ネイティブとコミュニケーションできるレベルの英語を習得するには、どのような方法が適しているでしょうか?
学校教育で受けてきたような、多くの英単語やフレーズや英語構文を記憶し、英文和訳・和文英訳に励む方法でしょうか?

英単語や文法などの知識は、コミュニケーションをとるための一要素です。
ただ、英単語や文法や構文を一つ一つクリアしてゆく学習では、いつまでたってもコミュニケーションが取れるようになりません。

コミュニケーションは、どんな時に何を伝えるかが重要です。

同じ言葉でも状況次第で意味が変わることもあれば、英文和訳された辞書上の意味だけをなぞっても通じないこともあり、英語圏の人だけが認識できる特別なニュアンスも多くあります。

たとえば

OK.

この言葉は気軽に使われますが、使い方次第で逆の意味になることもあります。

 

How’s everything going?

と質問され、『順調です。』と伝えるつもりで、

It’s okay.

と話すと、あまり調子がよくないのかな?と受け取られます。

この場面の It’s okay. には、『まあまあです』という意味合いがあり、『特に悪くはないけれど、何となくすっきりしない気分です。』というニュアンスも込められています。
このようなとき、調子がいいことを伝えるなら、

Good,thanks.

が適しています。

また、

Would you like another cup of coffee?

と問われて遠慮したいとき、

No,thank you.

と答えがちですが、thank you は丁寧表現であるものの、No には拒絶的な強い響きがあります。
このようなとき相手の気持ちに配慮した断り方としては、

Thank you for asking , but I’m fine.

など、婉曲な遠回しの表現が一般的です。

ある言葉が、どのような場面でどのような意味で使われるか?を知るには、英語圏の文化を理解する必要があります。

英語文化は一朝一夕に理解できるものではありませんが、万巻の書籍や文献を突破する必要もなく、かえって机上の知識を増やす方法では多大な時間がかかります。

日本人が効率的に英語文化を身に付けたいなら、できるだけ多くの会話や英語情報に触れる訓練をすることが第一で、人によっては数か月間での習得も可能です。
アメリカで起こった政変や事件について、英語ネイティブはどのように捉えているか?を知ることも、英語文化を知る一端です。

異なる環境や文化に育った外国語のネイティブが、どのような考え方をするか?を理解しておくと、誤解なく円滑に会話を交わすことができます。

英語を母語とする国で暮らす

(出典 abc-studios.com/shows/desperate-housewives)

英語文化に馴染むには、どうすればよいでしょうか?

最も効果的な方法は、母語として英語が使われているアメリカやイギリスに渡り、そこでネイティブと共に生活することです。当然、日本語によるコミュニケーションは全く行いません。

英語ネイティブの暮らす環境に溶け込み、四六時中ネイティブと一緒に生活し、英語でコミュニケーションをとっていれば自然に英語文化が染み込んできます。

書物や文献を紐解く方法で、外国の文化を身に付けるという考えもありますが、その方法では経験型の英語習得に比べ、桁違いに膨大な時間が掛かります。

最短の英語学習法は、現地で自分の五感を使って英語文化に直接触れ、実際にコミュニケーションを取りながら習得する方法です。

英語ネイティブのいる国に住み、本格的に英語漬けの日々を送れば、英語文化や英語圏の思考を理解できるので、語学力の上達も速くなります。

英語圏で生活できないなら英語環境を作る

英語環境を作る方法として、英語ネイティブがいる場で積極的に英語を使うことや、英語圏のドラマや映画を視聴しシャドーイング練習に活かすことなどがあります。

英語ネイティブが多くいる環境

英米渡航が難しいなら、英語ネイティブが多い環境で意欲的にコミュニケーションする方法が効果的です。

たとえば、
英会話スクールに通っているならネイティブの講師と積極的に話す
様々なジャンルの目的を持つ人が集まるMeetupのような交流会に参加する
東京、大阪、名古屋、福岡、札幌など都市部にお住まいなら、欧米人スタッフのいる英会話カフェを利用する(主要駅周辺に散在)
などの方法で、英語を話す機会をどんどん増やすことをお薦めします。

英語圏のドラマ

英語ネイティブに出会う機会が稀少な場合は、英語文化に触れる手段として英語圏のドラマ(できればアメリカドラマ)を視聴することが最強の選択です。

映画は2時間程度のエンターテインメントですので、英語文化を学ぶというより、一つの作品を何度も何度も繰り返し学習し、全フレーズを覚えるくらいまでトレーニングするのに適しています。

ドラマは何話にもわたってーリー展開があり、多くの登場人物の会話が繰り広げられます。
英語文化や英語ネイティブの思考法を深く理解しながら英語を習得する、という姿勢で取り組むのに絶好の教材です。

ドラマ学習の特徴

(出典 Desperate Housewives Season 1)

日常会話が多い

映画はエンターテインメントの色合いが濃くなりますが、ドラマはストーリー俳優たちの会話に焦点が当てられているものが多く、日常会話がメインです。

登場人物の会話から、アメリカ人の思考も同時に学び取ることができるので、その意味でも英語学習の教材として非常に適しています。

日常会話のシーンが多いので、スピーキングやヒアリングの練習もできます。

ストーリーや映像が上質で没入できる世界がある

(出典 Bones /FOX Home Entertainment)

視聴教材を使って外国語を習得する場合、どれだけリアリティをもってその空間に入り込み、その場にいる感覚を持てるかがポイントになります。

英語ネイティブの暮らす現地に行くことが英語習得のベストな方法ですが、それが難しいなら、いかにネイティブのいる空間と同一化できるか?が重要です。

ドラマの世界に浸り切り、あたかも自分がそこに暮らしているような感覚になって英語を聴くことができれば、英語だけでなく英語文化も感じとることができるでしょう。

アメリカのドラマは日本に比べ制作予算枠が大きく、映像が現実感のあるセットによって構成されています。
キャストたちの演技やストーリーも魅力的です。

学習する側としては、興味が湧きやすく継続して視聴できるので、作り込まれた作品を選べば、ストーリーに引き込まれドラマの世界と一体化しやすくなります。

ドラマの世界と一体化できれば、登場人物になり切ってシャドーイングやスピーキング練習ができますね。

映像と会話が記憶に残りやすい

アメリカドラマは、映像的にも色彩豊かな作品が多いため、映像情報と登場人物の会話情報がセットになって記憶に刻み込まれやすくなります。

つまり、映像と繰り広げられるストーリー展開を同時に視聴するので、

どのような状況のとき、どのような会話を交わすのか
その会話の中ではどのような言葉やフレーズを使うのが適切か
についての言語感覚が磨かれます。

これは、無味乾燥なテキストや音声のみの教材だけで学ぶ場合にはないメリットです。

明快なストーリーで楽しく学べるので継続できる

アメリカのドラマは、喜怒哀楽に富んだわかりやすい明快な内容のものが多いので、感情移入しやすく、視聴する楽しみもあります。

ストーリー展開に引き込まれ、楽しみながらドラマの世界に没入しているので、自然に会話を覚えてしまいます。

英語のドラマ教材は、スピーキング練習やシャドウイング練習としての視聴にも耐えうる、優れた教材です。

英語ドラマは英会話学習の優れた視聴教材(ドラマ教材例 9作品)

トライズでは、主にシャドーイング学習に映画やドラマ教材を使いますが、ドラマ学習に適した作品の一部を紹介します。

【英語文化に触れるためのドラマ教材の例】

アーリーmy Love(1997-2002 season 1-5)
アメリカFOX

(出典 アリーmy Love) season 4 DVD)

 

Friends (1994-2004  season 1-10)
アメリカNBC、1990年代の男女6人を描いたドラマ。舞台はマンハッタン。

(出典 Friends season 1-10 complete Blu-ray. All 10 seasons)

(出典 Friends season 1-10 complete Blu-ray. All 10 seasons)

 

Desperate Housewives( 2004-2012 season 1-8, 180話 )
アメリカABC

(出典 abc-studios.com/shows/desperate-housewives)
scriptはABC’s Desperate Housewives: Pilot Episode Script Kindle Editionから購入できます。

 

GLEE( 2009-2015  season 1-6, 121話 )
アメリカFOX

GLEE – Full Performance of ''Forget You'' from ''The Substitute''
GLEE – Full Performance of ''Billionaire'' from ''Audition''


SHERLOCK(2010- season 1-3, 9話)
BBC

 

White Collar( 2009-2014 season 1-4 , 62話)
アメリカFOX

White Collar: Season 4: Starpulse Exclusive | FOX Home Entertainment

(出典 White Collar Season 4:Starpulse Exclusive FOX Home entertainment)

(出典 FOX TV日本公式YouTubeチャンネル)

(出典 FOX TV日本公式YouTubeチャンネル)

Bones(2005-2017 season 1-12, 246話)
アメリカFOX

Bones | Booth & Brennan | FOX Home Entertainment


Designated Survivor(2016-2019 season 1-3)
アメリカabc 政治ドラマ, サスペンス

Designated Survivor 2×22 Sneak Peek "Run" (HD) Series Finale

Designated Survivor 2×19 Promo "Capacity" (HD) Season 2 Episode 19 Promo

 

SUITS (2011-2019 season 1-9)
アメリカ USA Network

SUITS (2019) Final Season Trailer | USA Network Original Series 📺

(出典 SUITS Final Season Trailer/USA Network Original Series)

 

NetflixやHulu にも多くの素晴らしい作品があります。

トライズメソッドではシャドーイング学習にドラマを使う

TORAIZメソッドにはインプット学習とアウトプット練習があります。

インプット学習では個人学習を週6日のスケジュールで行ます(残り1日は調整日)。
内訳は次のとおりです。
シャドーイング学習(視聴教材で練習)
スピーキング学習 (英語フレーズ集などのテキストブックを使い、瞬発的に発声できるまで練習)
英会話レッスン(アウトプットレッスン)の予習

アウトプット練習は、ネイティブ講師が担当し週3回実施されます。
内訳は次のとおりです。
グループレッスン(1回50分 週1回)※プライベートレッスンに変更可能です。
(講師と受講生のディスカッション形式)
オンラインのプライベートレッスン(1回25分 週2回)
(受講生の目的別のディスカッション、ロールプレイング、スピーチ練習など)

このプログラムの内、TORAIZメソッドでは主にシャドーイング学習においてドラマや映画を教材として使います。

英語学習を始めたとき、自分のゴールに到達するまで、どのような教材を使いどのように学習すれば効率的かは、独学では解りません。

TORAIZメソッドでは、過去数千人のデータに基づき、専属コンサルタントとネイティブ英語講師があなたにアドバイスします。

具体的には、あなたの英語レベルと英語学習の目的に合わせ、
目的達成するために、現在のあなたにどの教材が適しているか?
その教材を、日々どのように、どれくらい学習すればゴールに辿り着けるか?
を指導します。

ここではドラマ教材の例を挙げましたが、英語学習をする上で良質な学習教材となるものはたくさんあります。
その中から、あなたに最も適した教材を選んでくれるのが、トライズのネイティブ・イングリッシュ講師と専属コンサルタントです。

TORAIZのネイティブ講師の採用基準は、単に英語が話せるとか英語教授の経験があることだけでなく、ビジネス経験があることです。
TORAIZの受講生の多くは、特定分野のプロフェッショナルであり、仕事関係者が英語ネイティブであったり、英語ネイティブを対象とする国際学会での発表に迫られたような人たちです。

そのような人が、英語を使ってディスカッションしたりプレゼンテーションしたりするためにTORAIZで英語学習をスタートするケースも増えています。

必然的にネイティブ講師も、専門分野についての最低限の知識やバックグラウンドがある人が採用されてます。
MBAや内部監査人の資格を持つネイティブ講師も、多数在籍しています。

TORAIZメソッドではビジネスで使える英語に特化した指導を行っており、受講生によって実証された業績データもありますので、信頼して学習をスタートできます。

あなたに最適の、上質な英語ドラマや映画で1年間継続的に学習できるトライズはこちら→1年英語マスタープログラム「トライズ」

トライズ TORAIZ英語マスタープログラム 

非ネイティブの英語でいい! 
継続率91.0%以上 
1年間に1,000時間、本格的に勉強するから1年間で明らかな成果が期待できます。
ひとりで月80時間以上継続するのは難しくても、専属コンサルタントが二人三脚で学習時間を管理してくれるので1日3時間の学習を習慣化できます。
継続できる環境でしっかり学んで英語をマスターするプログラムです。
米国大使館でも採用されている ” Versant English Test "がカリキュラムに含まれているので、あたなたは学習成果を確認しながらステップアップすることができます。
グループレッスン(通学コース)とプライベートレッスン(Graspeakオンラインコース)あり。
※グループレッスン ⇔ プライベートレッスンは振替可能
受講開始後30日までの間は全額返金保証があります。

ライザップイングリッシュ RAIZAP ENGLISH

RIZAP流のPDCAサイクルで、目標レベルを達成したい人はこちら。

日常会話や海外旅行会話レベルを希望する人から、仕事上の意思表示や情報交換に英語を使いたい人、ビジネスで英語圏のネイティブ並みの英語力による議論のできるレベルを目指す人まで、参加者それぞれの目標に応じたプログラムを組んで学習します。
日本語の専属コーチが、あなたを個別に目標達成まで導いてくれます。
初回レッスンから30日間は返金保証があります。

イングリッシュブートキャンプ English Boot Camp

短期集中型プログラムでスピーキング能力を高めたい人はこちら。
2日間、20時間の英会話の国内留学型のメニューです。
英会話の90%は900語の単語で通じるので、たくさん話す経験を積むことが重要です。
そこでイングリッシュブートキャンプは、大量のアウトプットを行うことに特化しています。
モチベーションの高いクラスメートと2日間一緒に過ごし、間違ってもいいからたくさん話すことを繰り返して、英語コミュニケーション能力と英語を話す自信を得てゆきます。
独学では難しいスピーキング練習を2日間20時間で徹底的に実践します。
講師は、厳選採用された指導力抜群のネイティブチーム。
三菱商事部ループの人材育成部門と共同開発されたプログラムです。

シャドーイングスピーキング練習トライズ専任ネイティブ講師専属コンサルティングサポート教材テキスト
Linguist Wisdomをフォローする
ABCspeakerz

コメント

タイトルとURLをコピーしました